柏周辺から茨城県の風景や話題、また発達障碍・特別支援・自閉症に関する事や私の弟と勤務先の同僚の事の奮闘ぶりを・・・
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/22(月)23:14
同じ障害を持つ弟を持つ両親や私もいたたまれなくなりましたね。

どうしてもっと早く打ち明けてくれなかったのか、残念でなりませんし、

周囲が障害に対する理解を得られれば、こんな悲しい事件は起きなかったと思います。

それにしても、まさか親がやったとは・・・ショックです・・

皆さんどう思われますでしょうか?

毎日新聞web 9月22日配信

福岡・西区の小1殺害:教育熱心な母、なぜ 知人に「子供といたい」
 福岡市西区の公園で近くの同市立内浜小1年、富石弘輝(こうき)君(6)が殺害された事件は発生から5日目、母親が逮捕されるという、やるせない展開になった。子育てに熱心で、PTA役員も務めていた薫容疑者(35)。「なぜ、わが子を……」。関係者は言葉を失った。

 「トイレに行った間に、子供の姿が見えなくなった!」。事件当日の18日、薫容疑者はそう言って、現場の公園にいた人たちに助けを求めた。約30分後、捜索に加わった人が、トイレの外壁と柱のすき間で息絶えた弘輝君を見つけると、顔が黒ずんだ弘輝君にすがりついて泣いた。救急車で病院に向かう間は、ずっと弘輝君の名を呼び続けた。20日の葬儀では出棺前、薫容疑者が弘輝君の頭をなで続ける様子が参列者の涙を誘ったという。

 弘輝君は軽度の発達障害があったとされ、小学校では特別支援学級に通っていた。同級生の母親は入学式の後のクラス懇談会で、あいさつした時のことをおぼえている。「(薫容疑者は)最後にあいさつし『うちの子は落ち着きがないところがあるので、迷惑をおかけすることがあるかもしれません』と泣き出しそうな顔で話していた」という。

 学童保育を通じ薫容疑者と付き合いがあった保護者は「子育てにはご苦労されていた。2学期から『子供と一緒に過ごしたい』と(会社事務の)仕事を休業し、学童保育には来なくなっていた。相談できる人がいなかったのではないか」と話す。

 薫容疑者は事件後、福岡県内の実家に身を寄せていた。22日午前8時過ぎ、ワンボックス型の捜査車両が到着し捜査員数人が入って任意同行を求めた。玄関を出た薫容疑者は草色のパーカを着て顔をすっぽりと覆い、うつむいて重い足取りで車に乗り込んだ。

 弘輝君の葬儀翌日の21日、福岡県警の捜査員は任意の事情聴取で薫容疑者に「本当のことを聞きたい」と告げた。「私がやりました……」。薫容疑者はそう打ち明けると、せきを切ったように号泣したという。やがて落ち着くと、自分が病気であることや、子育てに悩みがあって将来を悲観していたことなどを語り始めたという。

 ◆社会が何かできなかったか/悩み陥りがち

 ◇ジャーナリスト、大谷昭宏さんの話
 公園で我が子を他の子供と見比べふびんに思った末のとっさの行動ではないか。発見時に弘輝君に泣きすがったのは演技ではなく、申し訳ないという気持ちがあったのだろう。6歳児の命を奪った行為は許し難いが、社会として手をさしのべることができなかったのかとも思う。非常に残念な事件だ。

 ◇児童虐待に詳しい津崎哲郎花園大教授(児童福祉論)の話
 子育ての悩みが殺人の原因だったとすれば、子供への期待が高く、しっかりと育てたいという気持ちが人一倍強かったのかもしれない。しかし、思い通りに育っていない、育てていく自信がないと、悲観的になってしまったのではないか。障害児の親は悩みに陥りがちで、親同士の集いや仲間関係が大切になる。地域のネットワークや学校や関係機関が障害児のいる家庭をどうサポートするかなどについて、地道に考えていく必要がある。


産経新聞web 9月22日配信

「子供の面倒を見るのが大変」。福岡市西区の小学1年、富石弘輝君(6)が殺害された事件で、逮捕された母親の薫容疑者(35)は育児の悩みと自分の体調がすぐれないことを知人に漏らしていた。病弱で、新しく引っ越した地では仕事を辞め、学童保育も利用できなくなっていた。追いつめられた末の犯行だったのか。通夜の席では「また弘輝を産みたい」と涙を見せていたという。

 「弘輝はすぐどこかへ行ってしまうから、手をつないでないといけない」。薫容疑者がそう話すのを聞いたことがあるという知人や、通学先の小学校によると、弘輝君はひとつのことに集中できなかったり、突然予想できない行動を取ったりすることがあった。

 薫容疑者は「以前も、保育園で突然どこかに行ってしまって…」と悩みを打ち明け、自分の健康状態についても「布団から起き上がれないこともある」とつらそうに話していた。

 知人らによると、薫容疑者は市内の小、中、高校を卒業。結婚後は夫の実家で同居し、弘輝君を出産した。しかし、当時を知る近所の住人は、まだ幼い弘輝君が家の近くで一人で遊ぶ姿を目にしていた。「母親は体が弱く、4年ほど前に自分の実家に帰ったようだ」と話した。別の知人は、弘輝君の小学校入学に備えて今年2月ごろ、現在の住所に引っ越してきたと語る。

 薫容疑者は夫(33)と、弘輝君の3人暮らし。薫容疑者は仕事をしていたため放課後は学童保育を利用して弘輝君を預けていたが、今年夏ごろに仕事を辞め、利用できなくなったという。

 弘輝君と同じ小学1年の息子を持つ大学職員の男性(49)は5月、学童保育で悩みを打ち明けられた。「子供が元気よすぎてコントロールが利かない。自分が病気だから面倒を見るのが大変」。近所に同学年の友達がおらず、遊ばせることができないのではと心配し、一緒の登校を持ち掛けた。しかし、実現したのは2、3回だけだった。

 男性は「いろいろと周りの助けが必要な方だったと思う。子供を預けられなくなり、苦労されたのでは」と話す。

 「できることならまた、弘輝を産みたい」。通夜の席で、ひつぎのそばを一人動こうとせず、弘輝君の顔を見詰めながら静かに泣いていたという薫容疑者。犯行現場の公園で弘輝君の第一発見者となった男性(62)によると、弘輝君のサンダルは、足元にきれいにそろえて置かれていたという。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kasiwa951.blog26.fc2.com/tb.php/289-dcb4a60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かしてつライフ

Author:かしてつライフ
年齢 42歳
住所 常磐線とTXの中間にいます。
実家 鹿島鉄道沿線(もうなくなっちゃったけど^^)
好きな路線 
常磐線=E531系G車にこれからどんどん乗車予定(金額問題はあるが)
鹿島鉄道=遂に廃止されてしまいましたが心の中ではこれからも走っていますよ
TX=今年は筑波山へ行くのに使うかも?
画像はかしてつの仲間達。みんなばらばらになっちゃった・・・

←こちらをポチッとクリック下さればランクアップに繋がります。
    

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 | ときわ路つれづれ日記&チャレンジドマイラブTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。