柏周辺から茨城県の風景や話題、また発達障碍・特別支援・自閉症に関する事や私の弟と勤務先の同僚の事の奮闘ぶりを・・・
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/17(月)03:32
下の記事に対するアドバイスがありましたらどうぞコメントをお願いします。

さてそんな訳でもう一つ経験されたことを。

私は生まれつき右目瞼と左目瞼が違う変形の症状があります。何年前に障害を持っている右目の形成手術を受け左目とほぼ形が似てきましたが、今でも時々痛いときがあります。
その影響で右目は時々疲れ目となり朝から涙がぼろぼろ出て行く状態で残念ながら右目そのもの手術は不可能と言われ、現在もこの状態です。
実はその右目瞼がおかしいことを小学校の時に皆にわかってしまい、それがいじめの始まりでした。小学校3年のときでした。
小学・中学の時は近所のガキらにいじめられただけで済みましたが(それでも苦痛でした)高校に入りますますいじめはエスカレート、殴る蹴るの暴行で耐え難いものでした。勿論小・中学のときも先生に話してその度にいじめをやめよう、と皆に話してくれたことで気がすうっと抜けましたがそれは一時的なこと。高校の時も先生に話したところでいじめたガキ達はちくった(告げ口された)ということで相当の暴行を受け、とうとう高校の時は絶対泣かないで頑張ろう!と思ったどころか、逆に泣きわめながら職員室に助けを求めました。結局これがきっかけとなり私の母が高2の時の担任などに相談した結果、私の下の子が小学校の時の先生の主人(ご夫婦が先生でした)になってもらおう、と決定したのでありました。それから高3の1年間は全くいじめがなくなり、友達は少なかったものの、親身になってくれて私を励ましてくれたのです。

小学校から高校まで楽しかったのは近所の女の子(男の子の優しい人もですが)と遊んだことと、中学・高校の時の同じ部活や委員会の仲間やクラスの優しい男女達と仲が良かったぐらいでその他となるといじめたガキ達と一緒のクラスでいやだったり、高2の修学旅行では袋叩きされ結局台無しの修学旅行になるから先生に言うのをためらった辛い経験など、80対20でいじめられ楽しくなかったほうが圧倒的でした。

今は思い出として残っていますが、いじめられた私にとって特にいじめたガキ達を許せないながら一方で忘れられた存在であると言うことを今ここで書きながら思い出した私であります。これを見ていた子供達にはこの経験をぜひ私だけにしてほしいと思っているこの頃です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kasiwa951.blog26.fc2.com/tb.php/63-fe24009b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かしてつライフ

Author:かしてつライフ
年齢 42歳
住所 常磐線とTXの中間にいます。
実家 鹿島鉄道沿線(もうなくなっちゃったけど^^)
好きな路線 
常磐線=E531系G車にこれからどんどん乗車予定(金額問題はあるが)
鹿島鉄道=遂に廃止されてしまいましたが心の中ではこれからも走っていますよ
TX=今年は筑波山へ行くのに使うかも?
画像はかしてつの仲間達。みんなばらばらになっちゃった・・・

←こちらをポチッとクリック下さればランクアップに繋がります。
    

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 | ときわ路つれづれ日記&チャレンジドマイラブTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。